天白公園プール跡地計画について

2016年08月30日15:06


 本日の午前中、土木交通委員会が開催され、請願・陳情審査(請願1、陳情4)が行われました。

 今日はその中から、天白プール跡地について(平成28年陳情第13号 天白公園の天白プール跡地を森として西の山へ戻すことを求める件)報告します。
 



 天白公園内にあった天白プールは、1978年に供用開始され、2009年に廃止されました。

 先日、天白プール跡地に行きましたが、現在は区民祭り開催時などに臨時駐車場として使われており、このような状態です。





 天白公園は1958年に計画され、1986年に整備着手が始まった公園です。区民だけでなく市民に愛される公園です。
 1976年に最初の基本計画がつくられました。
←写真


 最初の基本計画では野球場などが予定されていましたが、市民の皆さまから「緑を残して」の声を受け、既存の樹林地を「西の山」、「冒険の山」、「東の山」と活用した計画に修正されました。  写真→

 本日の委員会において、緑政土木局から天白プール跡地は、もともとは樹林地ではなく、畑や草地であったこと。プールの跡地の利用は、地域の要望をふまえながら、地域と一緒に計画をつくった。愛着をもってもらえるとの説明がありました。


 委員会で藤井からは、
「野球場などが予定されていた、当初の基本計画が修正されて現在に至るとのことだが、天白公園のコンセプトは緑を大事にするという理解でよろしいですか?」

 と質問。
 緑政土木局からは、
緑の保全に配慮しつつ、自然と親しめるのがコンセプト
 との答えがありました。
 藤井からは、
「私も以前、天白プールを利用したことがある。先日、現地を訪れたが空き地の状態であった。あまりにも緑がない。跡地の計画では、芝生広場ができるとある。今のような空地状態でなく少しでも緑が増えれば、天白公園のコンセプトとあっていると考えている」 と、意見を申し上げました。
 (写真は、プール跡地計画平面図)
 芝生広場ができれば、また「日記」で報告します。

ふっちん の 告知板

志位和夫委員長・街頭演説会
 日本共産党の志位委員長が中村区に来て、街頭演説会を開催します。
日時:5月20日(土)
    午後2時30分~
場所:名古屋駅西口前
弁士:志位和夫(党委員長)
   もとむら伸子(衆院議員)
   ほか

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR