震災ボランティア

2011年04月30日18:46

 出勤すると生活相談依頼FAXが1件。早速、相談者に電話。連日、お問い合わせが後を絶ちません。

 さて、阪神・淡路大震災を目の当たりにした自分としては「GWを利用して震災ボランティアを」と、考えていましたが、報道にあるとおり、現地ではボランティアが満員状態に(本当に温かい人が多く、私も勇気付けられます)。現地からの要請も「GW明けに来てくれる方を募集」とのことです。

「なんとか、現地で力を尽くしたい」と、政治戦を戦いながら、この間、ずっと思っていましたが、党県委員会が5月中旬にボランティア団を派遣し、名古屋南西地区は藤井が、代表で参る予定になりました。また活動日記でも報告していきます。

 ちなみにGWは約5年ぶりに実家へ行くことにしました。「年明けて、まだ6日しか休んでないんだから、休みなさい」と言われていますので、ゆっくり休養します。でも、この日記に、ちょくちょく出てくる後輩&その友人たちも同郷&帰郷中なので、ゆっくり…は無理かな。充電して休み明けもフル稼働していきます!
 さぁ、明日のメーデーもがんばろう!

ふっちん の 告知板

東京都議選、始まる
 6月23日、東京都議選が告示されました。
 「戦争法」「共謀罪」「森友&加計疑惑」の安倍政権に打撃を与える絶好の機会です。
 投票日は7月2日。東京のお知り合いに、日本共産党への支持を広めてください。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR