名古屋市議会6月定例会 明日から個人質問です

2017年06月21日15:28

 明日から平日3日間にわたって、名古屋市議会6月定例会では、個人質問が行われます。
 日本共産党名古屋市会議員団からは、4名の市議が登壇予定です。
ぜひ、お気軽に傍聴へお越しください。
  傍聴についての詳細は、傍聴の詳細については、名古屋市ホームページ市会情報「傍聴の案内」をご覧ください。
 こちらから➡http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/329-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html

 西山あさみ市議
 6月22日(木)
 午前10時25分頃(午前の2人目)

1 LGBTの取り組みについて
⑴ヒアリング結果と対応
⑵パートナーシップ宣誓制度

2 若年世帯が居住ニーズに応じて適切な住まいを選ぶことができる環境の整備について
⑴民間賃貸住宅居住者への家賃補助制度の創設
⑵定住促進住宅における支援の拡充



 さいとう愛子市議
 6月22日(木)
 午後1時55分頃(午後の3人目)

1 真の「待機児童」ゼロを目指す一層の対策について
⑴隠れ待機児童への認識と対策
⑵小規模保育事業等を卒園する子どもへの入所対策
⑶名古屋市公立保育所整備計画の見直し
⑷今後需要がふえると見込まれる学童保育への支援




 くれまつ順子市議
 6月23日(金)
 午前11時15分頃(午前の4人目)

1 名古屋市立幼稚園の今後のあり方に関する実施計画(案)について
2 敬老パスの利用拡大について




 山口清明市議 
 6月26日(月)
 午前10時(午前の1人目)

1「核兵器禁止条約」を踏まえた本市の取り組みについて
 ~ヒバクシャの願いに応えるために~
⑴平和首長会議加盟都市として果たすべき役割
⑵被爆者援護施策の拡充
⑶被爆体験の継承

2 臨海部の開発とまちづくりについて
⑴金城ふ頭開発の現状と課題
⑵「臨海部マスタープラン」の必要性

名古屋市議会6月定例会 明日は代表質問です

2017年06月20日13:13


 明日、名古屋市議会本会議場において、各会派の代表質問が行われます。
 日本共産党名古屋市会議員団からは、幹事長の江上ひろゆき市議が登壇予定(午後の3人目。午後2時10分頃)です。
 お気軽に、傍聴へお出かけください。
 傍聴の詳細については、名古屋市ホームページ市会情報「傍聴の案内」をご覧ください。➡http://www.city.nagoya.jp/shikai/category/329-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html

 江上ひろゆき市議 代表質問
1 2022年完成の505億円名古屋城天守閣木造復元の見直しについて
⑴市民合意の有無
⑵過大な収支計画
⑶魅力あるまちにふさわしい名古屋城
ア 名古屋城天守閣事業における石垣調査の重要性
イ 耐震、老朽化対策を施した「情報発信施設」への改善

2 福祉・医療・教育のあり方について
⑴敬老パスの拡大
⑵子ども医療費助成対象の拡大
⑶国民健康保険制度の都道府県単位化
⑷市立幼稚園の閉園に関する説明

3 名古屋駅前再開発と環境影響評価制度について
4 憲法尊重擁護義務に対する市長の認識について

子ども議員、大募集!なごや子ども市会のお知らせ

2017年06月19日15:51


 毎年、この時期に、ご案内しています、

 なごや子ども市会議員募集

 党市議団控室でも、藤井の事務所でも、このポスターを掲示しています。

 今年もさっそく、事務所に貼ったポスターを興味深そうに見ている、子どもたちの姿が!

 対象は、市内在住・在学の奨学5年生、6年生。募集人員は75名(応募者の中から75名の子ども議員を選出します)です。募集期間は今日から、7月4日(必着)までとなっています。
 子ども議会の詳細については、名古屋市会情報(議会)ホームページをご覧くださいね!
 コチラから➡http://www.city.nagoya.jp/shikai/page/0000094009.html

7月16日開催「介護懇談会」(党市議団主催)のお知らせ

2017年06月15日10:27


 名古屋市は昨年6月から、「新しい介護予防・日常生活支援総合事業」(新総合事業)を開始しました。要介護認定申請がなくてもチェックリストで事業対象者が決定されるなど、これまでの予防給付とは大きく仕組みが変わり、現場から懸念が寄せられています。

 市の検証でも、高齢者日常生活支援研修終了者の雇用は減少、新総合事業に「参入しない」と回答した事業所は6~7割にのぼりました。にもかかわらず、市は同事業の本格実施に踏み切り、次期介護計画の策定を進めようとしています。

 日本共産党名古屋市議団は、「介護懇談会」を開き、介護保険制度の大変更により高齢者や事業所にはどのような影響が起きているのか、皆さんと一緒に検証します。安心の介護・介護予防のための提案も含め、ぜひ率直な意見や経験をお聞かせ下さい。
 広い市民のみなさんのご参加をお願い申し上げます。

 日時:2017年7月16日(日) 13時30分~
 場所:ウィルあいち 3階 大会議室
 プログラム:1.議員による基調報告 2.介護現場からの事例報告 3.意見交換 


 会場「ウィルあいち」へのアクセス
●地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩約10分
●名鉄瀬戸線「東大手」駅 南へ徒歩約8分
●基幹バス「市役所」 東へ徒歩約10分
●市バス幹名駅1「市政資料館南」 北へ徒歩約5分

名古屋市会の改革推進のための緊急申し入れを行いました

2017年06月07日13:38

 本日の午前、日本共産党名古屋市会議員団は、渡辺義郎市会議長と岩本たかひろ同議会運営委員長に、政務活動費支出にかかわる領収書のインターネット公開など6項目の議会改革を緊急に申し入れしました(藤井は、同時刻、名古屋競輪組合議会6月臨時会本会議出席のため、申し入れには立ち会わず)。

 以下、申し入れ全文を紹介します。


               2017年6月7日

 名古屋市会議長   渡辺  義郎 様
 同 議会運営委員長 岩本たかひろ 様

 日本共産党名古屋市会議員団
 団長 田口一登

  名古屋市会の改革推進のための緊急申し入れ

 日本共産党市議団は、2015年5月に名古屋市議会基本条例に基づく議会改革の推進のための申し入れを行ったところですが、その後の状況を踏まえて、下記の事項についてさらに緊急に検討されることを申し入れます。

1.議会報告会の開催について
 
 議会基本条例第4条第4項に規定する「議会は、議会報告会を開催し、議会活動に関する情報を積極的に公開するとともに、市民の意見を把握して、議会活動に市民の意見を反映させる」に基づき、議会報告会を毎定例会後に議会として開催する。そのための予算を市長に引き続き要求するとともに、予算化されない場合でも、区役所講堂を利用するなど経費を極力かけない方法で開催する。

2.政務活動費の透明化・厳格化について

(1)領収書等をインターネット上で公開する。

(2)政務活動費を議員一人当たり月10万円削減し、月40万円とする。

3.議員報酬について

 議員報酬に関して、議会基本条例第16条が定めている「民意を聴取するため、参考人制度、公聴会制度等を活用することができる」という規定に則って、議会として自主的に市民の意見を聞き、意見交換する場を設ける。

4.海外視察について

 慣例的となっている4年に一度の議員の海外視察は廃止する。

5.「政治倫理条例」の制定について

 議員による市民の信頼を損なう行為を根絶するために、議員が順守すべき政治倫理や政治倫理審査会の設置等について定めた「政治倫理条例」を制定する。

 以上の事項などについて検討するために、議会改革推進協議会の再開を求めます。

                         以上


ふっちん の 告知板

東京都議選、始まる
 6月23日、東京都議選が告示されました。
 「戦争法」「共謀罪」「森友&加計疑惑」の安倍政権に打撃を与える絶好の機会です。
 投票日は7月2日。東京のお知り合いに、日本共産党への支持を広めてください。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会委員
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR