FC2ブログ

千成小学校卒業式へ&雨水の悩み解決!

2019年03月20日14:42

 午前中は、千成小学校の第60回卒業式へ。
 今日の名古屋は4月下旬の温かさの快晴。68名の卒業生が巣立ちました。

 卒業証書授与では、卒業生ひとりひとりが、舞台上で大きな声で誓いの言葉(将来の夢や目標)。「パティシエになりたい」「サッカーを続けたい」という夢や目標、そして親や友人たちへの「これまでありがとう」という感謝の言葉に「立派だね」「成長したなぁ」と、地域のみなさんからも温かい声がありました。
 「旅立ちのことば」では感極まって泣いている卒業生さんたちの姿に感動しました。
 卒業式後の卒業生の門出(卒業生 送り出し)では保護者のみなさん、地域のみなさん、先生、在校生(5年生のみんな)で列をつくり、その間を恩師を先頭に笑顔の卒業生!私も大きな拍手で見送りました。


 さて、今日は報告も一つ。
 「強い雨が降るたびに、雨水がたまってしまう。なんとかしてほしい」

 先日、地域にお住いの方から声がかかりました。
 千成小学校西側に位置する、この一方通路。南側(写真左)は雨水ますが7つありますが、北側(写真右)は雨水ますが4つしかありません。
 さっそく、市役所緑政土木局に相談。その結果、この通路が周囲より20cmほど低いことがわかり、そのため雨水がたまりやすいことがわかりました。
 雨水対策として近日中、北側に新たに雨水ますを3つ新設することになりました。これで、雨水の悩みも解決です。今月17日の餅つき大会&学区防災訓練時にも、
「市の職員さんがこの間、工事の事前説明に来てくれたよ。ありがとう」

 と声がかかりました。
 暮らしの相談、お気軽に藤井ひろき事務所まで、お声をかけてくださいね。

通学路の警戒標識が改善されました

2019年03月18日15:09


 以前、地域の方から
「通学路にある、通学路のマーク(警戒標識)が剥げてきた。児童たちの安全のためにも、きれいにしてほしい」

 と、依頼がありました。

 この警戒標識の管理は、警察ではなく緑政土木局となります。
 調べると、この場所だけでなく周辺にもいくつか同様のケースが見受けられました。
 さっそく土木事務所へ。


 先日、きれいに改善していただきました。
 地域の方から、

「きれいになったよ。ありがとうね」
「このマークがあるかないかで、ドライバーの意識も違うからね」


 と、声がかかりました。
 良かったです!



 こちらが改善前。










 こちらが改善後。
 市会議員になって3年半余りで700件以上の生活相談が寄せられました。この標識もそのうちの1件です。
 これからも、みなさまの声、切実な願いを届け、その実現にいっそう奮闘してまいります!

餅つき大会&千成学区防災訓練へ

2019年03月17日17:30

 午前中は鈍池公園で行われた、餅つき大会&千成学区防災訓練へ。
 消防団員のみなさまからは、キッチンペーパーを用いたマスクの作り方や、消火器の使い方、またAEDを用いた心肺蘇生法について説明がありました。

 このように、集まった子どもさんたちも、みんな熱心に聞いています。その様子に

「まるで紙芝居みたいだね」
「子どもたち、しっかり学んでいるね」

 と、地域のみなさんからも、温かい声が。子どもたちは消火器訓練や心肺蘇生法にも、パパやママと一緒に参加していました。


 実は昨年末、藤井の目の前で突然倒れられ、一時的に心肺停止状態になった方がおられました。
 偶然、その場に元看護師の方がおられたので、直ちに心肺蘇生。藤井は119番をし、AEDを求めて駆けました。心肺蘇生により、幸いにも救急車到着前に心肺が回復し、無事一命を取り留めました。
 消防団のみなさまによる訓練は、これまで何度も参加させていただきましたが、心肺蘇生法や、またAEDや消火器の使い方も、ただ知っているのと、訓練などで実際に体験して勉強するのでは大きな差があります。昨年末のことを思い出しながら、本当に良かったと改めて思いました。

「火事や救命措置は、身近で起きるものです」
 と、消防団員さんから、お話がありました。
 みなさまが、お住まいの地域で、訓練や体験教室があれば、ぜひご参加ください。

 その後、つきたてのお餅や、温かい豚汁をみなさんと一緒に美味しくいただき、パワー充電!
 スーパー前での消費税10%増税NO!宣伝へ。途中から雨脚が強くなりましたが、お買い物帰りの皆さまから、

「頼んだよ!」「がんばれ!」
 と、激励をいただきました。

議員報酬は800万円に戻し、第3者機関で民意を聴取しながら、新たな報酬額を検討することこそ、民意にかなっている

2019年03月15日17:40

 本日で市議会2月定例会が閉会しました。本日の本会議では、議員報酬の3議案に対する討論が行われ、党市議団からは田口一登団長が登壇しました。

 3議案について説明しますと、第80号議案とは河村市長が提出した、議員報酬を800万円にする議案。
 議員提出議案第2号は自民、民主、公明が提出の現状額(1455万円)を維持する議案。
 第3号議案は日本共産党名古屋市会議員団が提出した、報酬を引き上げ前の800万円に戻し、新たな議員報酬は、市民も参加した第三者機関で決めるべきとする議案です。
 なお本会議では議員提出議案第2号が、自民、民主、公明議員により賛成多数となりました。

 以下、田口団長の討論を掲載します。


 第80号議案および議員提出議案第2号に反対し、同第3号に賛成する立場から討論を行います。

 議員報酬800万円恒久化は、「政治ボランティア化」という市長の政治理念にもとづくものです。市長は、提案理由説明で「市民と同じ給与で同じ生活をするからこそ、市民から信託を得られる」と述べましたが、「市民並み給与化」を唱えていた議員たちが、「不祥事のデパート」と揶揄される事態を引き起こし、相次いで市長のもとを離れていった現実を直視すれば、机上の空論でしかありません。

 市長は「議会の方が上」などと、地方自治の二元代表制否定する発言を繰り返していますが、委員会審議で減税市議からも「議会と市長は同等」と明確に否定されました。議会の権限を縮小し、市長が優位に立つ政治体制をつくり上げようとする「政治ボランティア化」を議会に押し付ける800万円恒久化には賛同できません。

 わが会派が実施した市政アンケートでは、「800万円に戻す」が44%、「市民の意見を聴くために第3者機関を設け、報酬額を議論し見直す」が41%、「1450万円を認める」が6%でした。このアンケート結果からも、1450万円の継続は、市民の理解と納得が得られていません。まずは引き上げ前の800万円に戻し、そのうえで、第3者機関で民意を聴取しながら新たな報酬額を検討することこそ、民意にかなっていると確信するものです。
 なお、800万円は新たな報酬額が決定するまで継続します。
 以上で、討論を終わります。

雨の日も雪の日も平日の毎朝、駅頭で語って9年

2019年03月14日13:44


 本日付けの「しんぶん赤旗」1面で、藤井と支部、後援会の皆さんで取り組んでいる、

平日毎朝の市政&国政報告

 が、紹介されました。

 2010年から平日毎朝、雨の日も雪の日も駅頭で、くらし第一を訴え続けてきて、先日で丸9年、ただ今10年目に入っています。
 ついこの間、通学途中の学生さんから、

「藤井さんは、僕らが小学校の集団登校をしていた頃から、毎週ずっと訴えていますよね。頑張ってください!」
 と、声がかかりました。激励に感謝!また、

 「この曜日は朝、こちらの駅頭に藤井さんがいると聞いたから」
 と、生活相談に来られる方もおられます。
 これからもコツコツと続けてまいります。
201903-chihousen-gougai_ページ_1
 さて、今日の「日記」では、

 「しんぶん赤旗」3・4月号外

 を紹介します。
 全国各地でこの号外が配布され始めています。

 「どちらがオモテでウラなのか?」
 と、話題になっているようですが、こちらの消費税10%特集がオモテ面になります。
 消費税10%特集では、増税の根拠が崩れた、「志位VS安倍」論戦が掲載。
201903-chihousen-gougai_ページ_2
 今回紹介した号外は、早朝駅頭報告でも、明日から配布予定です。
 ぜひ、ご覧くださいね!

ふっちん の 告知板

志位委員長演説会に2,500人
 3月9日(土)の中区栄「オアシス21」前の日本共産党志位和夫委員長の街頭演説会には、2,500人もの方に来ていただきました。
 中村区からも多数お越しいただき、ありがとうございました。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
名古屋市会議員
党愛知県委員会県委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR