第53回赤旗名人戦 囲碁・将棋大会のお知らせです

2016年08月22日11:05

 みなさんは、囲碁や将棋をされますか?
 藤井は将棋をかじる程度。それでも将棋を指している最中は、真剣になっております。先日も時間を忘れて、指していました。
 さて、今日は、

第53回 しんぶん赤旗囲碁・将棋大会(赤旗名人戦)

 の名古屋大会のお知らせです。
 この赤旗名人戦は、初心者から強豪まで誰でも参加でき、およそ1万人が参加する、半世紀を超える歴史をもつ屈指のアマチュア大会です。

 全国250ヶ所以上で地区大会が行われ、その後、都道府県大会⇒全国大会へと進んでいきます。全国大会(囲碁・将棋とも、都道府県代表54人、招待選手2人が参加)は、今年11月12日(土)~13日(日)に、東京都豊島区池袋のサンシャイン・アカデミーホールとホテル・グランドシティでおこなわれ、「赤旗名人」を目指して腕を競います。

 そして、「赤旗名人」になると、将棋はプロ公式戦の新人王戦(しんぶん赤旗主催)に出場でき、囲碁は新人王と対局できます!!

 名古屋大会(地区大会の一つ)は、
 9月25日(日)午前9時受付、同10時開始 
 場所は愛知民主会館
(名古屋市東区葵1丁目。地下鉄東山線 新栄駅下車) 
 参加費は2000円(弁当とお茶代含みます)。なお中学生以下と、女性・障がい者は半額となっています。

 名古屋大会も含む、全国の地区大会の日程や、お問い合わせ先などは、こちらから詳細をご覧くださいね!⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/web_daily/2011/10/post-12.html

いじめ問題シンポジウムの報告集が完成しました

2016年08月20日14:54



 今年3月27日(日)に日本共産党名古屋市議団が、名古屋市西区内で開催したシンポジウム、

「いじめ」のない学校と社会をめざして

の報告集が完成しました。

 シンポジウム第1部の尾木直樹・法政大教授の基調講演や、第2部のパネルディスカッションの要旨、参加者の感想が載っています。
 また、資料として名古屋市いじめ防止基本方針(平成26年9月)や、日本共産党の提案「いじめ」のない学校と社会を(2012年11月28日)なども掲載しています。
 現在は、参加された方々などに配布中ですが、ご所望の方はご一報ください(党市議団事務局052-972-2071)。

猛暑の日も、雪の日も 平日毎朝の駅頭宣伝

2016年08月17日16:08


 連日、猛暑が続きます。皆さんがお住いの地域ではどうでしょうか?
 今朝の名古屋は朝6時の時点で28℃。午後3時で33℃となっています。

 朝の駅頭宣伝では、マイク&タオルハンカチを手に訴え。憲法をご一緒に考えるニュースを配布。
 訴えでは、日本国憲法の前文を引用紹介しつつ、この間、皆さまからお話を伺った戦争体験を紹介。ニュース(自作です)は、いつも以上に受け取りがよく、関心の高さがビシビシと伝わってきました。

 なかには暑い中、立ち止まって訴えを聞いてくださる方々も。
 藤井から駆け寄ると、

「暑い中、ご苦労さん。応援しとるよ」
「共産党さんの話を聞いてみたかった。そのとおりだと思う」


 と激励をいただきました。
 宣伝後、宣伝をご一緒に取組んだ後援会員さんたちとモーニングへ(名古屋のモーニングはスゴイですよ。名古屋にお越しの際は、ぜひお近くの喫茶店でモーニングをお勧めします)。
 モーニングでは、「連日暑いから、お互い体調に気をつけましょう!」と話題に。そして、今年1月20日の宣伝の思いで話で盛り上がりました。

 今年1月20日の早朝宣伝の様子です。
 積雪5cm、ちなみに今朝と宣伝場所は同じです。
 この時は家から、のぼりを持って40分ほど歩いて宣伝場所へ行きました。
 懐かしいですね。改めて眺めていて、少しは猛暑を忘れ、涼しくなりました。

 藤井の平日毎朝の駅頭宣伝も、今週で6年と半年を超えました!(年末年始とGW、お盆はお休みいただいています)
 まだまだ暑い日が続きますが、タオルハンカチ&マイボトル持参で、訴えてまいります!

第35回中村区平和盆踊り大会のお知らせ

2016年08月11日21:30


 お知らせです。毎年夏恒例の

 みんなで楽しむ、
 みんなの盆踊り

 中村区平和盆踊り大会

 この夏も開催します!
 (写真は昨年の様子)

 日時は、8月20日【土】
 盆踊りは、午後6時30分から
 バザーは、午後5時から
 場所は、中村区稲葉地公園

 
 なお雨天の場合は、翌21日に順延です。
 【主催:「革新市政に向けて豊かで活気ある中村区を」実行委員会】

 毎回大好評の模擬店も多数出店予定です!焼きそば串カツ五平餅かき氷ジューススーパーボールすくい宝箱風船ヨーヨー釣りなどなど。
 原水爆禁止パネル展も同時開催しています。

 すでに、

「今年の盆踊りは、いつですか?」

 と、お問い合わせをいくつもいただいています。
 中村区平和盆踊り大会も、今年で35回目

「子どもの時に参加したけど、楽しかったなぁ!今では、わが子を連れて毎年参加しているんですよ~」

 と、声をかけてくれるパパやママたちも!

 そして、今年の平和盆踊り大会のスローガンは、

◆戦争法制に反対し、平和憲法を守り、核兵器廃絶をめざしましょう。
◆即時原発ゼロをめざし、原発再稼働強行を許しません。
◆住みよい街をめざし、自らの要求を持ち寄り交流しましょう。


 藤井は当日、日本共産党中村区後援会の模擬店(スーパーボールすくい)にいます。もし模擬店にいなければ、まちがいなく踊っています。
 ぜひ、お越しくださいね!

平和公園の平和堂 パネル看板が設置されました

2016年08月10日19:52

IMG_111780_convert_20160405151833

 名古屋市平和公園の平和堂に保管されている、千手観音像

 今年3月11日の土木交通委員会で、この千手観音像や平和堂について質問をしましたが、(詳細は、4月7日付けの日記「名古屋市平和公園の平和堂に保管されています 千手観音像」をご覧ください⇒http://fujiihiroki.blog.fc2.com/blog-entry-1526.html)、本日緑政土木局より、「一昨日、パネル看板を設置しました。また、平和公園のホームページも追加しました」と、連絡が入りました。



 平和堂へ行ってきました。

 平和堂のすぐ近くにある石碑の隣に、平和堂と千手観音像を紹介するパネル看板が設置されていました。



 ちょっとアップで(大きめに掲載しておきます)。

 千手観音像の写真もありますね。
 平和堂は期間限定で公開(無料)されており、パネル看板では今年度の公開日も紹介されています。次回公開予定が今月の13日~15日。まもなく公開です。
 



 平和堂全体の写真を撮ろうとしていましたら、女性が石碑に近づき、パネル看板をご覧になられていました。その後、ポケットからスマホを取り出し、平和堂を撮影されておられました。

 「パネル看板効果」が、さっそく出たようです。

 平和堂と千手観音像の周知が、前進ですね。
 ちなみに写真の左端にあるのが、石碑とパネル看板です。

 また、名古屋市のホームページにある「名古屋市:平和公園(暮らしの情報)」に、新たに「平和堂」の項目が追加されました。詳細はコチラを⇒http://www.city.nagoya.jp/ryokuseidoboku/page/0000056730.html

市バス中村公園バス停 ベンチが設置されました

2016年08月09日19:07


「中村公園駅のバス停。西側の南(中村公園6番のりば)だけ、ベンチがないから付けてほしい。
バスを待つ間がつらくてね」


 昨年の秋、市バスのご利用者さまから、ご要望の声がかかりました
 名古屋市交通局は新設の場合、バス停のベンチと上屋(屋根)を基本セットで整備されています。(詳細は、昨年10月9日付けの日記「上屋とベンチの設置で、より快適な市バス停留所に」をご覧ください⇒http://fujiihiroki.blog.fc2.com/blog-entry-1415.html


 この6番バス停。上屋はありますが、ベンチはありません。
 朝夕はご通勤、ご通学の皆さまが列をなしています。その一方ラッシュ時以外は、ご年配の皆さまが多くこの6番バス停ご利用されています。ベンチがないためバスの待ち時間、バス停周辺にしゃがみこんでおられるご年配の方もおられました。

 では、なぜベンチがないのでしょうか?
「ひょっとして、地下に構造物があるとか?」

 と思い、早速、市交通局に相談。
 
 調べていただき、この上屋が名鉄バスの物であるとわかりました。
 名鉄バスは、このバス停にベンチを設けられる予定はないとのことでしたが、市交通局がベンチを新設することで話が進みました。
 ベンチを新設する際、支障がないかを確認する、試掘調査をこの冬に実施。
 今年度予算で、当初今年の秋頃に設置予定でしたが、嬉しいことに昨日、設置工事が行われました。


 
 本日の6番バス停。バス停から少し離れた場所で、市バスご利用の皆さんの様子を拝見。
 藤井が訪れた時には、すでにご年配の皆さんがベンチを利用され、

「こりゃ、楽だわ。助かるわ!」
「便利になったねぇ~」


 と、喜んでおられました。
 その皆さんがバスに乗られた後、今度はお子さんを抱っこしたママが、ベンチへ。


 
 今日も暑い日でしたが、皆さんの笑顔を見て、私も思わず笑顔に。
 またベンチのご要望をされた皆さんも、設置を大変喜んでおられました。

 乗車時はもちろん。ご利用の皆様が、市バスの待ち時間も快適だと思っていただける市バスに!その一つに、このベンチがなってくれると嬉しいです。

 東海テレビで「居酒屋客引き」が放送されました

2016年08月07日16:34

 一昨日5日(金)放送の東海テレビ「みんなのニュースONE」で、 名古屋市内の繁華街における、居酒屋店などの客引き行為の実態が紹介されました。

 昨年の11月議会の議案外質問で、この問題を取り上げましたが(詳細はこちらをごらんください⇒http://fujiihiroki.blog.fc2.com/blog-entry-1446.html)、

 客引き行為の実態調査で出会ったお店の皆さんから、

「今度、東海テレビの取材があります。放送内容を皆さんにお伝えください」

 と、声がかかりました。
 藤井のツイッターで放送当日に紹介しましたが、この「日記」ではまだでしたので紹介しますね。

 同番組内では、3年ほど前から居酒屋店などの客引きが現れ、現在市内の繁華街(名駅、栄、金山)に1000人以上の客引きがいると放送。


 客引きが、手当たり次第

「居酒屋どうですか?」
「店はお決まりですか?」


 と、繁華街を訪れる通行人に声をかける様子が、放送されました。
 客引きは歩合制であり、通行人に声をかけ、客引きと契約している店に連れて行けば行くほど稼げる、なかには月に30万円以上を稼いでいる客引きもいると紹介。



 その一方、自分の店に入ろうとしたお客様を客引きが連れて行ってしまう、あるいは入店しようとしたお客様に対して、客引きが「この店は満席ですよ」とうそを言って、お客様を連れて行っていくなど、客引き行為によって被害を受けているお店の声も紹介されていました。
 名古屋市当局の、

「何度も何度も歩いていて(客引きから)声をかけられて不愉快だという声をお聞きしています」


 コメントも紹介されました。
 6月議会で、名古屋市も「客引き防止条例」制定にむけ検討へと、放送されていました。


 また、この「日記」でも紹介しました、既に客引き行為を規制する条例が施行されている新宿区や渋谷区、豊島区が紹介されていました。

 名古屋でも、客引き行為を規制する条例実現に向け頑張ります!

原爆投下から71年。平和の鐘つきに参加

2016年08月06日17:23


 8月6日。

 広島に原爆が投下された日から、71年の時を迎えました。

 毎年、区内のお寺で開かれている

 平和の鐘つき

 に参加。
 8時15分に黙祷を捧げました。

 藤井がついた、この鐘。前ご住職さんのお話ですと、戦後3年目にあたる1948年の物。
 一代前の鐘は戦時中、軍に「供出」したとのことです。

 
 実は、藤井の誕生日が今日。

 小学生3年生の時、今は亡き祖父に戦争体験を聞いたことがあります。
 その時、祖父から

「博樹が産まれた日の32年前、広島で多くの方々が一瞬で亡くなってしまったんだよ。そのことは、絶対に忘れちゃいけないよ」

 と、教えてもらいました。 毎年、この鐘をつく度に、祖父の声を思い出します。
 広島、長崎、そしてビキニの水爆(第五福竜丸)。

 核兵器と人類は共存できない。核兵器のない世界をめざして、がんばります。


 

 

昨日、東海地方に局地的豪雨。聞き取りを行いました

2016年08月03日19:23

 昨日の夕方、東海地方で局地的豪雨があり、中村区では午後6時20分までの1時間に85.5ミリの猛烈な雨を観測しました。 
 先ほど区役所より連絡があり、本日午後6時30分現在で、中村区内では床上浸水17(8)件、床下浸水133(7)件[( )内は店舗の被害件数]となっています。
 今日は後援会の方と一緒に、さっそく浸水があった町内各地を訪れ、皆さまからお話を伺いました。

「あっと言う間に、ひざまで雨水がきた」
「雷がすごかった。植木鉢も流され、壊れてしまった」
「台風なら天気予報で事前に対処するが、今回は『夕立にしては強く降ってきたな…』と思っているうちに、急に雨が、」


 皆さまから次々と声が寄せられました。
 聞き取りを行いながら、名古屋市ホームページ内にある、

名古屋市:災害(暮らしの情報)
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/12-10-0-0-0-0-0-0-0-0.html
(このページ内では、災害により、居住する家屋に全壊(全焼)、半壊(半鐘)、床上浸水の被害を受けたとき、国民健康保険料等が減免される場合などについて、紹介されています)


名古屋市:浸水があった場合の消毒について(暮らしの情報)
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/15-7-13-6-0-0-0-0-0-0.html

 ページを印刷したものを手渡しながら、説明させていただきました。
 皆さまから、いただいた声を市議会で反映してまいります。

地下鉄駅ホームの安全対策を申し入れ

2016年08月01日16:34


 可動式ホーム柵が設置されている地下鉄桜通線「丸の内」駅で7月25日に発生した、自殺と思われる人身事故を踏まえ、日本共産党市議団は交通局に7月29日、緊急要望4項目を申し入れました(写真、左から柴田、岡田、山口、田口、 藤井、青木の6議員)。
 申し入れ日の前日、山口議員と西山議員は事故現場を視察(当日藤井は、競輪組合議会視察中であったため、本日当局の案内で現場視察)。


 桜通線の駅ホームは、8両編成の対応となっていますが、現行は5両編成の運行で、ホームドアも5両分しかありません(写真は、丸の内駅ホーム)。
 それ以外は通常の柵で、ホームの両端は保守点検のため出入口があり、扉は簡単な仕組みでロックがされていました。また扉には、他の地下鉄駅ホームにある「立入禁止」の表示もありませんでした。
 また事故発生時間は、ホームに駅員がいない時間帯であり、安全対策上、改善する必要性についても検討しなくてはいけません。
 申し入れでは以下の4点を緊急に要望しました。

①丸の内駅の使用していないホーム両端部分への立入りを防ぐために、柵の出入り口の施錠や立入禁止の表示などの対策を緊急に講じること。
②同様の問題点があると思われる桜通線全駅のホームを点検し、危険個所への立ち入りを防ぐ対策をとること。
③地下鉄各駅のホームの安全対策について要員配置をふくめて再点検し、線路やトンネルへの進入を防ぐ手立てを徹底すること。
④鉄道自殺を防ぐために、健康福祉局等と連携して必要な対策を総合的に検討すること。



 市交通局は、
「ちょうど今、丸の内駅のホーム両端部分への出入り口に立入禁止の看板を設置している」
「桜通線駅のホームの点検を実施するよう指示した」

 と答えました。
 写真は本日撮影。「立入禁止」の表示が、設置されていました。

日本共産党名古屋市議団ニュース最新号です

2016年07月31日11:47



 日本共産党
 名古屋市議団ニュース
 2016年7・8月号


 の紹介です。


 6月議会本会議での、党市議団5名の質問を紹介!

 いつもより写真を大きめに掲載します。
 ぜひ、ご覧くださいね。

  明日の早朝宣伝時でも、配布予定です。

広島競輪場と小倉競輪場を視察しました

2016年07月29日20:53

 名古屋競輪組合議会は、愛知県議会から8名、名古屋市議会から8名の計16名で構成されています。
 藤井は昨年度に続いて、名古屋競輪組合議会議員を務めています。
 名古屋競輪組合議会の視察で、一昨日は広島競輪場を、昨日は小倉競輪場を訪れました。

 こちらは、広島競輪場のサイクルパーク。昨年の4月から、新たに取り組んでいます。視察時は本場開催ではないため、サイクルパークはお休みでしたが、担当者から説明を受けました。
 
 このコンテナハウスは、キッズルーム(ボールプールや、おむつ交換ルーム)、自転車の整備をお手伝いするメカニックルームフリールーム(一般だけでなく、女性専用もあり)などを備えています。
 また周辺にエア遊具(ふわふわ)などを常設し、お子様に安心して遊んでいただけるスペースとなっています(サイクルパークオープン時は、担当係員もおられます)


 コンテナハウスには、なんと滑り台も!

 また、イベントの一つとして、「補助輪はずし教室」を開催。この教室(事前申込制)では、なんとプロの競輪選手が先生になってくれます。この教室は、皆さまからのご要望が、多い教室とのことです。

 名古屋競輪でも入場者の新規開拓について、昨年の議会でも取り上げられています。広島競輪場の取り組みは、参考になりました。


 こちらは、小倉競輪場です。ご覧のとおりドームです。
 ちょうどレース開催前で、選手の皆さんが練習中。目の前をすごい速さで駆けていきます。

 写真にある「アリーナ」(イベント時に主会場となるスペースで、広さは5000㎡)部分にも立ち入り、担当者から詳しい説明を聞くことができました。

 ちなみに国内でドームの競輪場は、この小倉と前橋です。そして、この小倉は競輪発祥の地です。

 さて名古屋競輪は、地元の中村区にあります。この間、多く皆さまから名古屋競輪についてのお問い合わせや、ご要望やご意見を承っています。
 昨年度の組合議会では、皆様からいただいた、ご意見・ご要望をもとに質問をさせていただきました(稼働率が低い時の競輪場駐車場の有効活用について)。地元中村区の議員として今後も、皆さまの声を議会へ届けてまいります。
 

円山動物園&札幌市交通局車両基地を視察

2016年07月26日11:47


 土木交通委員会視察の報告。最後は札幌市。札幌市では、円山動物園市交通局東車両基地を視察しました。

 円山動物園では現在、新ホッキョクグマ・アザラシ館が整備されています(来年秋にオープン予定)。
 新館の特長は、ホッキョクグマとアザラシ(捕食関係にある)を、ガラスで仕切ったドーム型プールにて同時に展示することで、生物多様性の保全の重要性をわかりやすく理解できる点です。
 同園では、エゾシカ・オオカミ舎でも捕食関係の動物を仕切って展示していました。



 動物園担当者からは、

「国内のホッキョクグマが減ってきており、遺伝的多様性が困難な状況(動物の血縁が近くなってしまう)を解決するため、海外からの新規個体の導入を可能とするために、世界的な施設基準を満たす施設を建設しています」

 と、説明がありました。



 説明によると、海外からホッキョクグマを1体、新たに導入する場合、1体あたり500㎡の施設基準(その後は1体ごとに+150㎡。3体なら800㎡)をクリアしないと、海外から導入することができません。
 この世界基準は初めて知り、勉強になりました。


20160720譛ュ蟷悟慍荳矩延蟾・蝣エ_convert_20160722110226

 札幌市交通局では、東車両基地を視察。
 
 写真の左側の車両は、廃車解体中の車両です。その右隣の車両は検査中です。
 


 車両基地では台車の構造や、自動回送運転システムなどについて説明を受けました。
 自動回送運転システムとは、この東車両基地と、ひばりが丘駅専用ホームの間の約1.3㎞の出入庫線区間の車両回送運転業務を東車両基地内信号扱所の管理により、無人で行うシステムです。同システムは、日本で初めて札幌市交通局が採用し、これにより、効率の良い車両出入庫ができると説明がありました。

 写真にありますように視察先の皆様は、当然お仕事中です。
 お忙しい中、説明いただいた札幌市の皆様に感謝です。

仙台市青葉通のケヤキ並木を視察

2016年07月25日18:32

 名古屋市では昨年8月に「街路樹再生指針」を策定・公表。「名古屋の顔となるシンボル並木の形成」として、広小路通、大津通、久屋大通、桜通(名古屋駅~日銀前)の街路樹について、並木の美しさが都市の魅力向上につながるよう、街路樹の育成管理を行っていくこととしています。
 視察先の仙台市はどうでしょうか?

 「杜の都」仙台
 戦前から緑が豊富な街でしたが、仙台空襲により焼失しました。

 視察した青葉通は、昭和21年の戦災復興事業により、仙台駅から仙台城跡までをつなぐ大通りとしてつくられました。この青葉通にはケヤキが植栽され、今では仙台市のシンボルとして、すばらしい並木となっています。
 仙台市当局から、青葉通のケヤキ並木の取り組み状況について説明がありました。


・保全を基本に、樹勢や倒木危険度の調査を強化するとともに、倒木の危険性の高いものについては適宜更新する

・【青葉通再生基本構想】(平成18年3月)に基づき、平成25年度から道路再整備工事をおこなっている


【青葉通再生基本構想 基本理念】
①仙台駅から青葉山へとつながる『杜の都・緑の回廊づくり』の軸線へと再生していく
②人と緑の都市機能が調和・共生し、賑わいや安らぎを生み出す空間づくりをしていく



 写真の場所は、以前3車線だった道路を2車線に変更。車線を減らすにあたっては、地域や警察と綿密な連携をとり、交通調査もしっかりされたとのこと。1車線、減らしたことでできた「空間」を停車帯(乗り降りや、荷の積み下ろしのため)にすることで車道空間の効率的な利用を実現。
 また、このようにケヤキを鑑賞し、季節を感じられるスポット(ベンチ)を設けるなど、「にぎわい」を創出しています。

 ちょっとベンチに座ってみましたが、ケヤキの木陰で、人と緑が一体になれる空間です。訪れた時間帯は、午後3時前でしたが、ランチタイムにここで休まれる方も多いとのことです。お仕事やお買い物途中にちょっと休んだり、談笑できますね。勉強になりました。


仙台市地下鉄東西線を視察

2016年07月23日11:38


 今回は、仙台市地下鉄の視察についてです。
 昭和62年に開業した地下鉄南北線。仙台市交通局の説明によると、開業に向けて当時、なんと名古屋市交通局から8人の応援があったとのことでした。ご縁がありますね。

 視察では、昨年12月6日に全線開業したばかりの東西線の「国際センター」駅を訪れました。最近できた駅ですので、いわば「最先端の駅」です。
 交通局さんから、いただいた資料には、

【ユニバーサルデザイン】
東西線のバリアフリー施設整備に当たっては、市民誰もが安全に安心して移動できるユニバーサルデザインのまちづくりを目指す仙台市の新たな基軸交通機関として、駅をまちづくりの中核施設として位置づけ、バリアフリーガイドラインを基本としつつ、直接取材した障害者の意見を反映し、障害者を含む市民が自由に使える施設とすることを目指した。


 とありました。いくつかを紹介します。


 こちらは多機能トイレ

 多機能トイレは各駅ともラッチ(改札口)外コンコースに左勝手・右勝手の別に複数設置されています。
 オストメイト対応の洗浄器具も整備(写真左側)されています。
 また、多機能トイレの自動扉は停電時でも自力で脱出できるようにと、無停電電源装置が設置されていました。




 こちらは、介助シートです。







 介助シート使用時の写真です。




 改札口(全ての自動改札機を拡幅改札機で整備していました)を通り、ホームへ向かいました。







 もちろんホームは、可動式ホーム柵
 
 名古屋市では昨年度、東山線全線に可動式ホーム柵が設置されました。


 2000系車両が到着!この車両の前面は、仙台藩祖伊達政宗公の兜の前立(まえたて)をイメージした、三日月をかたどったデザイン!オシャレです。





 驚いたのは、ホーム乗降口です。
 ホームと車両の隙間(約3cm)と段差(約2cm)をホーム端隙間調整材で最小限化。これにより、車いす利用者が介助なしで乗降ができるようになっています。




 このように隙間と段差が、最小限化されています。
 このホーム乗降口ならホーム渡り板を使い、駅務員の介助で乗降する必要がありません。これはぜひ、実現したいです。

 次回の日記では、仙台市青葉通のケヤキ並木についてです。

仙台市「避難の丘」を視察

2016年07月22日13:35

 今週の19日から21日まで、市議会土木交通員会視察で仙台市と札幌市を調査しました。「日記」では何回かに分けて報告します。
 今日は、仙台市の「避難の丘」整備について。

 訪れたのは、仙台市の海岸公園井土地区。
 海岸公園は昭和46年から整備が進められ、井土地区では乗馬やデイキャンプができる、馬術場や冒険遊び広場、大型遊具広場がありました。

 東日本大震災では、海岸公園は震度6強という非常に強い地震にみまわれ、高さ7.2m(仙台港)~9.3m(名取川河口)の津波が押し寄せました。



 井土地区は被災後、ガレキの搬入場・処理場として活用(平成23年~25年度)され、現在は施設の復旧中です。利用再開は平成30年度予定です。
 なお「避難の丘」の改修工事は完了し、緊急時に使えるようになっています。丘の高さは標高15m。頂上避難面積は1400㎡であり、避難総定人数は700人(1人あたり2㎡)です。
 
 


 この冒険広場周囲の津波の浸水髙は、約7mから8mでしたが、直接ぶつかる海側の斜面では、津波が12mから15mまで遡上してきました。
 写真で、仙台市の担当者さんが立たれている場所まで、遡上しています。


20160720莉吝床髦イ轣ス豬キ蟯ク蜈ャ蝨胆convert_20160722110251

 この「避難の丘」は、震災前は冒険広場の展望台でした。
 写真のように、今では松林が所々しかありませんが、震災前は多くの松林がありました。
 松林に囲まれる冒険広場から海が見えるようにと、展望台が設置されていたのです。

 震災時、展望台には5名の方が避難され、津波から助かりました。 
 偶然、公園内にあった高台に避難されたことで尊い命が救われた。このことが、沿岸部低地帯における高台整備(避難の丘や避難タワー)の有効性を実証した場所として、知られるようになりました。
 


 現在、海岸堤防(高さ7.2m)を造成中です。海岸堤防の後には、林野庁がクロマツの海岸防災林を造り、さらにその後かさ上げ道路(高さ7.0m)を造成していきます。

「高さ3~4mの津波が押し寄せると、家が浮いてしまいます。そうならないように、津波の高さを2m以下に抑えます。そのために、3段階の構え(堤防・防災林・かさ上げ道路)をとっています」
 
と、仙台市の担当者から説明がありました。


 写真の右側は、今後クロマツ(防災林)が植えられる場所です。クロマツが風や砂で傷まないように、成長するまで、写真にあるように枠で保護します。

 名古屋市では港区の船頭場公園において、津波緊急避難場所となる高台広場を、名古屋市としては初めて整備する予定です(避難面積【頂上平坦部】約3400㎡。想定避難人数は1人1㎡として、約3400人)。
 また、全国的にも避難の丘や津波タワーが検討され、整備が進められています。
 今回、実際に尊い命を救った丘を調査したことで、多くのことを学ぶことができました。仙台市当局の皆さまに感謝しています。

名古屋でも話題に!!「都知事には鳥越さん!」

2016年07月18日15:11

 東海地方が本日、梅雨明けしました。皆さまがお住まいの地域は、どうでしょうか?
 さて、本日は朝から、つい先ほどまで暑い中を支部や、後援会の皆さまとの活動です。
 出会った多くの皆さまから、

「共産党さん、躍進できて良かったわ」
「今回、家族全員で応援したの」
「子どもが初めての選挙でね。『自分なりに勉強して、共産党に入れてきた』と、言ってたのよ」


 と、激励が次々とかかりました。
 また、野党共闘では、

「(統一候補が)11の選挙区で勝ったのは良かった。福島と沖縄では現職閣僚を、それぞれ落選させることができた」
「今回、初めての野党共闘だったけど、今後の選挙でも大いに頑張ってもらいたい」


 と、声がかかりました。
 そして話題は、日本共産党・民進党・社民党・生活の党推薦の野党統一候補鳥越俊太郎都知事候補に。

「鳥越さんにがんばってもらいたい。都内在住の知人にも連絡したわ」
「舛添さんには怒りでいっぱい。都民の声を聞く知事は鳥越さん!」


 と、ドンドン声が寄せられました。都知事選の話題が名古屋で、こんなにも皆さまから声がかかり、藤井も驚きです。


 今日の「日記」では、日本共産党のホームページ内にある、

特集 2016
東京都知事選挙


 を紹介!こちらから、ご覧いただけます
http://www.jcp.or.jp/web_tokusyu/2016/07/post-26.html

 同ページには、
鳥越候補のオフィシャルWEBページ
 が、紹介されています。ぜひ、ご覧くださいね。
 鳥越俊太郎東京都知事候補が、15日に発表した政策全文を以下、紹介します。


 鳥越俊太郎候補の政策(全文)
「あなたに都政を取り戻す」
「住んでよし」「働いてよし」「環境によし」を実現する東京を!


 ◎私は聞く耳をもって、都民のさまざまな意見を聞き、批判を受けとめ、すべての都民が自由に発言できる風通しの良い都庁をつくります。

■都政への自覚と責任
 都政は、都民が汗水たらして働いて納めた税金で成り立っています。
 この原点を忘れた都知事が、2代続けて政治とカネの不祥事で都政を混乱させました。私は「納税者意識」を胸にとめ、都民の負託に応えます。
 →第2の舛添問題を起こさせない体制をつくります。
 ・知事の海外視察費用・公用車利用のルールを見直します。
 ・知事の視察等の情報公開を徹底します。
 ・政治資金規正法の見直しを東京都から国に働きかけます。


■夢のある東京五輪の成功へ
 コンパクトでシンプルな2020年のオリンピック・パラリンピックを実現して、東京の可能性や魅力を世界へアピールします。
 →ムダをなくしつつも、平和の祭典としての五輪を成功させます。
 ・五輪経費の徹底したコスト縮減を行います。
 ・東京の可能性や魅力を世界にアピールできる体制をつくります。


■都民の不安を解消します
 医療・介護の充実、子どもの貧困や待機児童の解消に、早急に取り組みます。
 がん検診の受診促進や骨粗しょう症対策等で、だれもが、いつまでも社会参加できる健康長寿の東京を目指します。
 →都民のこころとからだの健康をあらゆる施策を通じて実現します。
 ・東京都のがん検診受診率は現在50%にも達していません。これをまずは50%、最終的には100%を目指します。
 ・だれもが先進医療を受けられる東京を目指します。
 ・受動喫煙防止に向けた条例制定に取り組みます。
 ・保育所の整備をはじめ、あらゆる施策を通じて、待機児童ゼロを目指します。
 ・保育士の給与・処遇を改善します。
 ・すべての子どもに学びの場が提供できる環境を整えます。
 ・貧困・格差の是正に向けて、若者への投資を増やすなど、効果的な対策に取り組みます。
 ・大介護時代に備え、特別養護老人ホームなど高齢者の住まいを確保します。介護職の給与・処遇を改善します。
 ・子育て・介護に優先的に予算を配分します。


■安全・安心なまちづくり
 耐震化・不燃化の促進、帰宅困難者対策で災害に強い東京をつくります。
 再生可能エネルギーの普及で、持続可能な東京を実現します。
 →住宅耐震化率83・8%から100%を、再生可能エネルギー割合8・7%から30%を目指します。
 ・住宅・マンションの耐震化助成を拡充します。
 ・民間事業者との連携やITの活用などにより、ハード・ソフト両面からの防災対策を進めます。
 ・原発に依存しない社会に向け、太陽光やバイオマスなど、再生可能エネルギーの普及に取り組みます。
 ・テロ・サイバー攻撃などの脅威に対し、万全の備えを確立します。


■笑顔あふれる輝く東京へ
 希望する人が正社員になれる格差のない社会を目指し、仕事と家庭の両立を支援します。東京の宝・職人を大切にするマイスター制度を拡充します。
 →働く人の37・5%が非正規社員。正社員化を促進する企業を支援します。
 ・正社員化を促進する企業を支援し、不本意非正規社員の解消に努めます。また、最低賃金の引き上げを求めていきます。
 ・長時間労働の是正など、働き方改革で、ワークライフバランスを進めます。
 ・東京の宝である職人文化をマイスター制度で育みます。
 ・市区町村への財政支援を強化します。多摩格差を是正し、多摩・島しょ振興を進めます。


■人権・平和・憲法を守る東京を
 憲法を生かした「平和都市」東京を実現します。首都サミットの開催や文化・若者交流の推進にもチカラを入れます。
 →多様性を尊重する多文化共生社会をつくります。
 ・男女平等、DV対策、LGBT施策、障害者差別禁止などの人権施策を推進します。
 ・非核都市宣言を提案します。

国保の減免申請について

2016年07月14日14:14

「国保料を少しでも負担を下げてほしい」

 高すぎる国民健康保険料(国保)に関して、相談を受けることも多々あります。
 また、業者の皆さまとご一緒に、要求運動の一つとして「国保の引き下げ」に取組んできました。

 今日の「日記」では、

 日本共産党名古屋市議団
 「市政ニュース140号」
より、

 国保の減免申請について

 のお知らせです。

 国保には、申請をすると保険料や医療費などの負担が軽減される制度があり、名古屋市では市内約20万世帯が、特別軽減の対象となる制度があります。しかし、あまり利用されていないのが実情です。

 減免申請の方法は、こちらをご覧くださいね。➡http://www.n-jcp.jp/wp-content/uploads/2016/07/news140.pdf


参議院選挙の結果について(党中央委員会常任幹部会 声明)

2016年07月12日17:09

 今日の「しんぶん赤旗」に、昨日付けで参議院選挙の結果について、党中央委員会常任幹部会の声明が掲載されました。
 今回の「日記」では、この声明を全文紹介します。


参議院選挙の結果について
2016年7月11日 日本共産党中央委員会常任幹部会


(1)
 7月10日投開票でおこなわれた参議院議員選挙は、「自公と補完勢力」対「4野党プラス市民」という対決構図が鮮明となり、野党と市民が力をあわせてたたかう、戦後かつてない選挙となりました。この選挙でわが党は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進という2つの大目標を掲げてたたかいました。
 野党と市民の共闘は、最初の挑戦としては大きな成功をおさめました。全国32の1人区すべてで野党統一候補を実現し、11の選挙区で激戦を制して自民党 候補に勝利したことは、きわめて重要な成果です。多くのところで、無党派層の6割、7割の得票を獲得し、「1+1」が「2」ではなく、それ以上となる〝共闘効果〟が発揮されました。このたたかいのなかで、他の野党や市民のみなさんとの間で新しい連帯のきずなができたことは、今後につながる大きな財産です。
 日本共産党は、比例代表選挙で5議席を獲得し、選挙区選挙では東京で当選を勝ち取り、改選3議席を6議席へと倍増させ、非改選とあわせて14議席へと前進しました。とりわけこのなかで、比例代表選挙の得票が、躍進した2013年の参院選と比べて、515万4千票(得票率9・68%)から、601万6千票(得票率10・74%)へとさらに前進したことは重要です。
 野党共闘と日本共産党にご支持をお寄せいただいた有権者のみなさん、風雨と猛暑の中で奮闘された市民のみなさん、支持者、後援会員、党員のみなさんに心からのお礼を申し上げます。


(2)
 選挙戦では、安倍首相を先頭に、激しい野党攻撃、日本共産党攻撃が行われました。一国の首相が、日本共産党を名指しして連日攻撃する選挙というのは、かつてない異常なことでした。それは、野党共闘に本格的に踏み込み、政権打倒に全力をあげるわが党に対する、支配勢力の強い危機感、恐怖と憎悪を示すもので した。
 わが党は、「野党共闘は野合」とする自公の攻撃に対し、「立憲主義を取り戻す」という野党と市民の結束の大義を太く示して断固たる反撃をおこないました。
 自衛隊問題を利用した反共攻撃に対しても、わが党綱領が明らかにしている自衛隊政策を堂々と示すとともに、「海外で戦争する国」づくりを許すかどうかが選挙の真の争点であることを明らかにし、正面から反撃しました。
 今回の選挙での野党共闘と日本共産党の前進は、こうしたかつてない激しい野党攻撃、反共攻撃と正面からたたかって勝ち取ったものであるところに、とりわけ大きな意義があると考えるものです。


(3)
 日本共産党は、「安倍暴走政治の全体にノーの審判を下し、チェンジの意思を示そう」と公示第一声から一貫した論戦を行い、安保法制=戦争法と憲法改定の問題を選挙戦の大争点に押し上げました。「アベノミクス」の破綻について根本から明らかにし、抜本的対案である「3つのチェンジ」を語りぬきました。野党と市民の共同に力をつくす党の値打ちを押し出し、「政治は変えられる」という希望を語ったことは、多くの国民に期待と共感を広げました。
 選挙の結果、改憲勢力が議席の3分の2を占めましたが、自公は選挙戦で「憲法隠し」に終始し、国民は改憲への「白紙委任」を与えたわけでは決してありません。
 わが党は、今回の選挙で得た国会での新たな地歩を生かし、掲げた公約の実現へ、国民のみなさんとともに力をつくします。


(4)
 今度の選挙は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進を一体に追求する最初の挑戦でした。私たちは、ともにたたかった野党と市民のみなさん、支持者や党員のみなさんのご意見に耳を傾け、しっかりと教訓を引き出し、今後のたたかいに生かしていく決意です。
 とりわけ、私たちは党の自力の問題を痛感しています。比例代表選挙での601万票余の獲得という貴重な結果は、立ち上がった党員と支持者のみなさんの猛奮闘によるものですが、選挙勝利のためにやるべきことをやりきれずに開票を迎えたことも事実です。党の力が、いまの情勢が求めるものに追いついていない、 そこには大きなギャップがある――これがこの選挙をたたかっての私たちの実感です。
 野党と市民の共闘をさらに発展させ、日本の政治を変えるうえで、日本共産党の果たすべき役割は、ますます大きくなってきます。私たちは、今日の情勢が求める強く大きな党をつくる仕事に、新たな意気込みでたちあがる決意です。

参議院選挙 日本共産党 改選議席倍増!

2016年07月11日16:46


 昨日、投・開票された第24回参議院選挙。
 日本共産党は、改選議席3から倍増となる6議席を獲得しました!
 
 選挙区では、東京都で青年弁護士の山添拓さんが当選!(写真中央が山添氏)

 比例代表では5議席を獲得。現職の市田忠義党副委員長田村智子党副委員長、大門みきし議員が当選!
 新人では、いわぶち友さんたけだ良介さんが当選!
 たけださんは活動地域が東海北陸信越のため、選挙期間中は中村区内にも、たけださんの選挙カーが入り、一緒に宣伝もしくは、藤井が応援弁士として区内を駆け回っていました。ちなみに山添さん、いわぶちさん、たけださんの3名は全員30代。
 日本共産党国会議員団は、参議院14名と衆議院21名の計35名。公約実現へ向け、奮闘します!

 32の1人区での野党統一候補は、前回2013年(1人区は31)の野党獲得議席が2だったのに対し、今回は大きく上回る11の区で統一候補が勝利!(青森の、たなぶまさよ=新=、岩手の、きどぐち英司=新=、山形の舟山やすえ=元=、宮城の桜井充=現=、福島の、ましこ輝彦=現=、山梨の宮沢ゆか=新=、新潟の森ゆうこ=元=、長野の杉尾ひでや=新=、三重の芝ひろかず=現=、大分の足立信也=現=、沖縄で「オール沖縄」のイハ洋一=新=の各氏が当選)。
 福島県と沖縄県では、福島の岩城光英法相、沖縄の島尻安伊子沖縄・北方担当相が野党統一候補に敗れ、安倍内閣の現職2閣僚が落選しました。

 日本共産党と、野党統一候補の当選者一覧は、党ホームページからご覧いただけます➡http://www.jcp.or.jp/web_tokusyu/2016/07/2016sanin-tosensya.html

野党と市民。この力で政治を変える。比例の1票は日本共産党へ

2016年07月09日15:02


 昨日の「朝日」「毎日」「読売」、ご覧になられましたか?

 日本共産党の全段広告

 が、話題になっています。
 愛知県でも「中日」で全段ではありませんが、大きく掲載されました。
 

 この広告には、

 映画監督の大林宣彦さん
 ノーベル物理学賞受賞者の益川敏英さん
 ママの会で奮闘されている、西郷南海子さん
 上智大学教授の中野晃一さん
 神戸女学院大学名誉教授の内田樹さん

 が登場!
 日本共産党の参議院選挙政策は、党ホームページから、ご覧いただけます⇒http://www.jcp.or.jp/


 野党と市民。
 この力で政治を変える。



 いよいよ、明日が投票日です。

 10
 投票に行こう

 野党共闘でチェンジ!

 比例の1票は
 日本共産党

 

市田副委員長来る!小池書記局長、4回目の愛知入り!

2016年07月08日11:30


 今日の夕方です!

 日本共産党の

 市田忠義副委員長(比例候補)

 が、本日午後5時30分

 豊田駅東口で訴えます!!

小池12~
 そして昨日は、瀬戸市駅前と勝川駅前で訴えた、

 日本共産党の

 小池晃書記局長が、

 明日の午後6時

 名古屋駅西口で訴えます!!
 小池書記局長は参議院選挙中、4回目の愛知入りです。

 ぜひぜひ、街頭演説にお出かけください。

 日本共産党の参議院選挙政策は、党ホームページでご覧いただけます。
 こちらもぜひ!⇒http://www.jcp.or.jp/

中村区で党演説会を開催予定!井上哲士議員、来る!

2016年07月05日17:36

 お知らせです。
 中村区内で、日本共産党個人演説会を開催します。


日時 7月8日(金)
    午後6時30分開始

場所 飯田女学院



 応援弁士(ゲストスピーカー)として、

 日本共産党
 参議院国会対策委員長

 井上哲士 参議院議員

 が駆けつけます!!

 本日の名古屋駅西口での志位和夫委員長の街頭演説会も、盛り上がりました!
 また、同時に
 「今日は、お仕事で行けなかったよ~」
 「今度、いつ演説会あるの?」

 と、お問い合わせをすでにいただいています。
 ぜひ、ご参加くださいね。

 

志位和夫委員長、再び名古屋来る!!

2016年07月01日15:05

志位11~
 速報

 日本共産党

 志位和夫委員長


 が、再び

 名古屋で訴えます!


 日時 7月5日(火) 13時~

 場所 名古屋駅西口


 日本共産党の参議院選挙政策は党ホームページから、ご覧いただけます。
http://www.jcp.or.jp/

6月定例会閉会。名古屋城天守閣木造復元問題は!?

2016年06月29日16:17


 名古屋市議会6月定例会が閉会しました。
 今日の「日記」では、名古屋城天守閣木造復元問題について、報告します。

 6月議会の経済水道委員会(日本共産党市議団は、江上博之市議と、西山あさみ市議が委員)にて、2020年7月までに天守閣を木造復元する予算を通すのか、止めるのかについて論戦が行われました。
 当初は22日と23日で審議終了の予定でしたが、24日と27日、28日も審議が行われました。

 6月24日の同委員会では、税金投入なしで建設費、維持管理費をまかなえるのかが、議論に。自民党議員が、昨年度174万人の入場者が、木造になって50年近く360万人から400万人の収支計画であることについて、これからの人口動態調査を例に質問。第三者機関で積算根拠を調査することになりました。

 江上博之議員は、建築基準法、消防法の除外の調査をおこなった2011年以後の検討をもとに、入場者を積算しているのか、と質問。税金投入しないようにするため、建設費・維持管理費に見合う入場者数を示しただけで、必要な検討をおこなっていないのではないか、と質問。法令の検討のうえでの入場者数(具体的には、安全確保のため入場規制が必要なはず)を積算していないことが明らかに。

 24日には自民党議員から、工期を2020年まで、とはせず2027年に定め直してはどうか、と提案がありました。同日、自民党市議団は、木造復元には賛成する方針を発表(翌日の「中日」より)。

 27日の経済水道委員会には、河村たかし市長も出席し、1日も早く木造化したいが「議会でのさまざまな議論や、今回の2万人アンケートの結果をふまえますと、耳を傾ける必要もある」と述べ、木造復元をめざす時期を2026年(市がアジア競技大会を招致計画)や、2027年にしても「名古屋にとっては、大きな起爆剤になりうる」との考えを示しました。
 併せて、木造復元の優先交渉権者(竹中工務店)との法的な関係を調査するため「決断するのにもう少し時間を」と述べました。

 江上議員は同委員会にて、市長の意向がまだはっきりしないこと、また、財源となる入場料の根拠となる入場者見込みの検討が進められること等から、審議を継続することを求めました。

 結果、同委員会では名古屋城天守閣木造復元に関する補正予算は、全会一致で継続審査になり、本日の本会議でも継続と議決されました。

 ところで、木造復元の完成時期を2026年、あるいは27年まで延期したとしても、工期は10年足らずしかありません
 2020年7月までに天守閣を復元するという竹中工務店の提案でも、後回しにした石垣工事まで完了する予定は、2024年度。石垣工事も含めると工期は、8年になります。自民党の提案は、石垣工事から着手するというもので、手順は変わりますが、工期は、最大3年伸びるだけです。すぐに現天守閣の取り壊しにかかり、木造化を拙速に進めるという点では、竹中工務店案と大差がないのではないでしょうか。

 市民アンケートでは、「2020年7月にとらわれずに木造復元を行う」と回答した人が4割と最多でしたが、この回答を選択した人のすべてが、現天守閣の耐震改修を否定したと捉えることはできません。
 まずは耐震改修を行い、将来、建て替えが必要になった時には、コンクリートでなく木造で復元すべきと考えて、この回答を選択した市民も少なくないと思います。

 天守閣の耐震性に危険があるというのなら、まずは耐震改修を急いで行いうべきです。そのうえで、名古屋のシンボルである、名古屋城の木造復元については、数十年かけて市民的な議論を行えばよいのではないでしょうか。

なごや子ども市会 議員募集中!

2016年06月28日11:20


 Twitterでは拡散しましたが、この「日記」での紹介がまだでした。


なごや子ども市会 

子ども議員募集


 のお知らせです。

 対象は、名古屋市内に在住・在学する小学5・6年生
 募集人数は、75名(応募者の中から75名の子ども議員を選出いたします)
 先週から募集が始まり、7月4日(必着)まで募集しています。

 子ども議員さんたちの笑顔が輝いている、このポスター。藤井の事務所にも、先週から掲示しています。事務所前を通りがかった子どもたちも、

「めっちゃ、おもしろそぉ!」
「おまえ、出ろよぉ~」


 と、ワイワイ見ていました。

 子ども市会を通じて市政に興味を持っていただき、子ども議員同士の話し合いを通じて、お互いを思いやる温かい心を育んでいただければ、嬉しいな!
 詳しくは、名古屋市市会情報ホームページをごらんくださいね。➡http://www.city.nagoya.jp/shikai/page/0000083634.html

明日、志位委員長が名古屋に来る!!29日は小池書記局長が来る!!

2016年06月25日11:00

志位1~
「え?志位さん、来るんですか?」
「志位さんの話、聞いてみたい」


 と、予想以上の多くのお問い合わせをいただいています。

 明日日本共産党委員長

 志位和夫

 が、名古屋に来ます!!

 26日 午後2時
 名古屋栄・オアシス21


小池1~  さらに、参院選挙の第一声を名古屋栄で訴えた、

 日本共産党書記局長

 小池晃

 が、再度愛知県に来ます!!

 29日(水)午後5時
 金山駅南口

 29日(水)午後6時15分
 尾張一宮駅東口


 日本共産党の街頭演説、ぜひご参加くださいね。

参院選スタート!!

2016年06月22日16:40


 参議院選挙が、スタートしました。

 午前9時45分、名古屋市の栄・噴水広場前にて行われた出発式には、

小池晃書記局長

 が駆けつけました!

「第一声、愛知に駆けつけました!
なぜ愛知なのか!?
勝つためです!!」

 
 と、小池書記局長。
 日本共産党名古屋市会議員団12名全員と、わしの党県議団長も参加しました。

 日本共産党の政策は、党ホームページから詳しくご覧いただけます。なんと、本日22日からトップページがリニューアルしました!!
 ぜひ、こちらをご覧くださいね!➡http://www.jcp.or.jp/

小池書記局長、志位委員長 名古屋来る!!

2016年06月19日15:06

 速報!

 日本共産党の

小池晃書記局長

志位和夫委員長


 が、名古屋に来ます!!

小池~

小池晃書記局長来る!

6月22日(水)

午前9時45分開会

名古屋・栄・噴水前



志位~

志位和夫委員長来る!

6月26日(日)

午後2時開始

名古屋・栄・オアシス21

居酒屋店等の客引き規制、大きく前進!

2016年06月17日19:24

 名古屋市内の繁華街における居酒屋店や、カラオケ店などの客引き行為等の問題。
 この「日記」でも報告しましたが、昨年の名古屋市議会11月定例会の個人質問で、藤井が取り上げました。

 その後、昨年の12月に名古屋駅周辺の店舗や企業のみなさんが、キャッチ(客引き行為)の取り締まり強化と条例制定を求める要望書を河村たかし市長あてに提出。今年2月には、経済水道委員会での名古屋市会市民3分間議会演説で、客引き行為に困っている店舗のマネージャーが、条例制定を求める訴えを行いました。そして、この6月議会に、条例制定を求める請願書が、提出されます(先日、紹介しました「中日」6月3日付け記事より)。

 名古屋駅周辺以外の繁華街の皆さんからも、条例制定を求める要望書が出されています。
 本日の個人質問で、他会派の議員さんが、客引き行為等の防止に向けた取り組みについて、個人質問。
 市民経済局長からは、

「本市が直接、規制や指導等を行う旨の条例等はございませんが、通常の居酒屋やカラオケ店等への執拗な方法による客引きについては、県の『公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例』によって禁じられております。
客引き行為そのものへの規制は、善良な営業活動や宣伝活動などについても規制しかねないという面もあると考えており、現在は、他都市の施策状況の把握をしつつ、愛知県警察とも情報の共有を図っているところでございます」


 と、現状についての答弁があり、今後の対策として、

「路上における客引き行為によって、周辺住民や通行人等が不安を感じているとの意見も伺っております。今後、区役所、警察をはじめとする関係機関及び地域のみなさまと連携しながら、本市繁華街における客引き行為の実態を把握するとともに、課題についての整理を行う考えでございます。その上で条例制定を含め、対応についてしっかりと検討してまいる所存でございます」

 と答弁がありました。
 また、条例が制定されるまでの具体的対策として、同局長からは、

「地域の安心・安全の取り組みにおいては、行政だけでなく、地元の方々と一体となった「市民協働」による取り組みが必要不可欠であると考えております。客引きについてはこれまでも、警察において取り締まりなどの活動を行っていると承知しておりますが、本市としても、客引き行為の実態把握や課題整理を行う中で、深刻な客引き問題を抱える地区においては、重点的に、区役所、警察をはじめとする関係機関及び地域の方々とともに、できる限り早期に、巡回パトロールや、広報啓発などの活動に取組んでまいります」

 と答弁がありました。

 居酒屋店等の客引き行為等の規制。条例制定へ向け、大きく前進しました!

 この「日記」でも紹介しましたが、客引き行為を禁じる条例について、これまで東京の新宿区、豊島区、渋谷区、大阪市を視察し、議事録もすべて読んできました。これらの議会では、全会一致で、条例制定されています。

 誰もが安心して食べて飲んで楽しめる、繁華街のにぎわいをまもるために、居酒屋店やカラオケ店等の客引き行為等を規制する条例制定へ向け、藤井もみなさんと全力で頑張ります!

ふっちん の 告知板

中村区・平和盆踊り大会
 8月20日の稲葉地公園の平和盆踊り大会に、多数ご参加いただきありがとうございました。
 途中雨が降り出したため、1時間早まって8時に終了してしまいました。残念でした。
 でも、多くの方にお会いできて、うれしかったです。

プロフィール

藤井ひろき

Author:藤井ひろき
名古屋市会議員
日本共産党 藤井ひろき(博樹)
中村区上石川町3丁目2-3
電話052-411-4161

 <略歴>
1977年8月6日生まれ
大阪府吹田市出身
東海大学文学部文明学科卒
   (西アジア文明コース)
会社員(旭化成ホームズ)
   (サークルKサンクス)
日本共産党愛知県委員会勤務

 <現在>
党名古屋南西地区委員会常任委員
党中村区市政対策委員長
名古屋市中村区鴨付町在住

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR